太陽黒点

いつまでオタクでいられるかのチキンレース

ラブライブ声優のアニメ出演数

2010年に始まったラブライブプロジェクトも今年で8周年。μ's、Aqours、そして虹ヶ咲とスクールアイドルの輪を広げていき、これからもどんどん盛り上がっていくコンテンツだろうと思っています。

だけどあくまで彼女らは声優。声優という肩書を持って活動しているなら、ラブライブ以外の声優業をこなしていてもおかしくはないはずです。

今回はデータ(wikipedia)を頼りにアニメの出演数を追ってみたいと思います。あくまでテレビアニメの出演数に絞り、OVAや劇場版は省きました。テレビアニメの数に比べたら少なかったです。また、シリーズものは最初の年のみをカウントしています。

 テレビアニメ出演数と、その中でメインキャストを務めた数を分けて集計しました。グラフの縦軸が出演本数、横軸が西暦です。

 

まずはμ's

f:id:KM_2nd:20180603222750p:plain
f:id:KM_2nd:20180603222758p:plain

 ラブライブプロジェクト以前から出演数が多かった南條さんや内田さんをはじめ、響声優の三森さんや徳井さん。ラブライブからどんどん出演数を増やしていった久保さんなど、テレビアニメへの出演数はそれなりの数あります。特に久保さんの勢いがすごく、事務所に所属してからは出演数をぐっと上げています。最近フリーに戻りましたが、人脈つくりは出来たと考えられるので今後の活躍も期待できる声優ではないでしょうか。Pileさんは元々歌手メインだったので歌手業に戻ったと思われますが、μ'sは声優業も歌手業も勢いのある方々が多いです。

なお最初から声優で入ってきた某氏は...ひまではないんですね...

 

続いてAqours。縦軸と横軸の数字が変わるので注意。

f:id:KM_2nd:20180603222834p:plain

f:id:KM_2nd:20180603222841p:plain

 固まっていますが、抜けてる人以外はみんな低いほうです。μ's以上に声優以外からの参加が多いAqours、出演数も少なめです。 所属事務所は大手がそろってたりするんですが、どちらかというとタレント業に行くのではないでしょうか。名前をよく聞く鈴木さんはやはり本数多いですね。メインキャストを獲得できている率もなかなかです。来期は邪神ちゃんドロップキックで主役を張ります。歌唱力もAqours随一といっても過言ではなく、今後のさらなる活躍が期待できます。対して出演本数は鈴木さんに引けを取らない逢田さんはメインをとれていないようです。賢プロなんだけどなぁ...

この感じだとAqoursの活動が現在のμ'sのようなった頃には声優業を行っていない人が多そうです。Aqoursは声優業メインって感じよりは個性や才能を生かしてタレント業に行ってる印象。

 

最後に虹ヶ咲。縦軸と横軸の数字がまた変わります。

f:id:KM_2nd:20180603222906p:plain

f:id:KM_2nd:20180603222915p:plain

 i☆Risの久保田さんが参加する衝撃はありました。i☆Risは芹沢さんがひとつ抜けてる印象があり、他はまぁこういう感じなのでしょう。鬼頭さんがダントツですね。今期はグランクレスト戦記Lostorage conflated WIXOSS、そしてなんといってもウマ娘セイウンスカイ役を務めています。近江彼方に似たようなまったりゆる~い感じのキャラです。あとは現役JK声優として話題になった楠木さんがGGOで主役&ED曲担当しています。所属事務所が伊波さんと同じソニー・ミュージックアーティスツです。この事務所には水瀬いのりさんも所属しているので、今後も出演数には期待できそうです。

 

ちなみに総数をグラフにしてみました。

f:id:KM_2nd:20180610142624p:plain
歴が長いのもあるけどμ'sが圧倒的に多い、そのなかでも三森さんが一つ抜けてますね。三森さんの声は大まかに園田海未タイプとミルキィのバカピンクシャロがありますが、向いてるアニメがそれぞれ異なるので、声の幅がひろと言えばそうなのかもしれません。久保さんが内田さんにせまる出演数になっているのに驚きです。久保さんは画面から見えないところでの立ち回りというか気遣いが素晴らしいという話も聞きましたので、製作からしたら使いやすい人なのでしょう。使いやすい人が使われやすい業界でしょうし。

Aqoursは鈴木さんがダントツ。ほかに言うことなしって感じです。声優何人いるんだ。

 虹ヶ咲はデビューして間もない人はほぼ出演作がなく、数年たってる人はちょいちょい出演している感じです。これからに期待ですね。

 

こうしてデータでみると、Aqoursの出演数の少なさが目立っています。μ'sの2.5次元を追い続けた人がAqoursに感じる違和感はここにもあるのかもしれないです。ラブライブ以外の作品に出演すればそれだけ声を聴く機会が増えますし、番宣で行うラジオや動画配信への露出も増え、また他の声優との絡みも見れると声優ファンとしては嬉しいことが増えます。しかし今のAqours声優はラブライブ以外にはあまり出演していませんし、ラジオ、動画配信も個人でやったり有料配信内でやったりと、他の声優と絡む機会が圧倒的に少ないです。μ'sの声優も確かにファイナルライブ後は個人活動にファンを取り込もうとラブライブの名を使ったりはしていましたが、Aqoursが今の状態でそれをするのはまだ早い気がします。

個人的に感じているのですが、Aqoursの盛り上がりはそれなりにあるが、μ'sとは違ってファン数の多い熱量というよりは、人数は少ないけど一人一人の熱量が高いって感じではないかと。