太陽黒点

いつまでオタクでいられるかのチキンレース

いつまで田舎で消耗できずにいるの?

みんなヒゲ剃り、なに使ってる?

 男性でも女性でもムダ毛の処理はルーチンワークだと思いますが、男性に限ってほぼ毎日必ずやらざるを得ないのが“ヒゲ剃り”ですよね。ヒゲ剃ってるか否かで清潔感が違いますし、客前に出るビジネスマンならマナーとして必須なレベルです。

 今使ってるT字カミソリ

 

f:id:KM_2nd:20190213224319j:plain

 一番気軽に使える(と思わせてくれる)T字型のカミソリ。値段も手軽で、刃が交換できるので長く使っていけると思います。安い本体を長く使ってどうするんだ。剃刀の刃も3枚、5枚と多めで肌に優しいモデルも多いです。ただ、人によっては替え刃の交換頻度が違うので、ランニングコストがわかりづらいです。替え刃1個400円前後ですかね。自分の使ってるジレットはそれくらいでした。自分は2日に1回くらいのペースで剃れば問題ないので前回交換した時期を覚えてないのですが、本体買った時についてた替え刃がなくなったので新しく買おうと思ったんですよ。

コスパ厨の悪い癖

 替え刃1個400円前後とは言いましたが、こういうやつって一度にたくさん買えば安くなるのが一般的ですよね。まぁT字カミソリでもそれは当てはまるんですが、まずはこちらの2つを見ていただきたい。

 

ジレット プロシールド ジェルスムーサー 髭剃り 本体+替刃13コ付

ジレット プロシールド ジェルスムーサー 髭剃り 本体+替刃13コ付

 
[Amazon.co.jp限定] ジレット プロシールド 替刃 10個入

[Amazon.co.jp限定] ジレット プロシールド 替刃 10個入

 

上は本体と13枚の替え刃のセットです。価格は4980円。

下は替え刃10枚だけ。アマゾン定期便で3743円。

それぞれの替え刃1個当たりの単価を比べると、上が383円(本体無視)、下が374円。10円も変わらないんですよ。しかも上は本体付きですよ。ちなみに替え刃は10個単位が最大数で、それ以上は10個入りが数セットといった感じです。

アマゾン定期便、今回は10%オフで計算しましたが、やりようによっては15%オフになるらしいです。そもそも消費スピードが遅い自分が大量の替え刃買ってコスパ最強~~~とかいうのははたして本当にコスパいいのだろうか。

T字カミソリの替え刃、意外と高額と知った今日この頃です。これ見ると本体どんだけ安いねんって思うよね。プリンターみたいに本体を安売りしてインクを高値で売る商売モデルなのだろうか。

乗り換えよう

 ランニングコストと、自分のスタイルを考えた結果、T字カミソリ以外に乗り換えることにしました。乗り換え先としては電動、1枚刃、理容ナイフです。自分は風呂入ったときに剃ってるので、風呂場で使う前提ですね。

候補には出しましたが、理容ナイフは落として足にぶっ刺さるリスクがあるので除外です。

電動カミソリ

 電動カミソリにも完全防水で風呂場使用OKなモデルが多くあるようです。とりあえずamazonのベストセラーを見ましょう。

 風呂場使用可能、電動カミソリ7000円。交換する刃は外刃と内刃の2つあるが、レビュー見た感じ3年で交換でいいっぽい。使用頻度にもよると思いますが。

 普通のカミソリと違って刃が直接肌に当たるわけではないのでカミソリ負けはしなくなりそうです。ツルツルになるまで剃れないかもしれませんが、毎日剃ると考えたら肌へのダメージが軽いのは良いですね。

 一応ヒゲ剃り忘れた時用に会社に電池で動く2000円くらいの電動カミソリあるんですが、まぁ安物なのかなかなかヒゲを捉えて剃ってくれませんね。そのせいで意外としっかり剃るのに時間がかかったりします。それがありそうで電動は躊躇してしまいます。

 ちなみに替え刃 

パナソニック  ラムダッシュ替刃    ES9013

パナソニック ラムダッシュ替刃 ES9013

 

 約4500円!これはなかなかのコスパ、T字剃刀の替え刃12回分くらいですよ......ん?ぼく3年でそんなに替え刃使う? T字の替え刃を月1交換(メーカー推奨)するとしたら、3年で36回交換することになると思うんですよ。T字替え刃を4500円で3年持たせようとしたら大雑把に3か月に1度の交換くらいですね。うーん、それくらいかそれ以上の期間空いた気がする......前回の交換時期をはっきり覚えてないくらいは。

1枚刃カミソリ

 1枚刃カミソリ、刃そのものは中学校の理科の時間に植物を切るときに使ったっきり全く使ったことないですね。

f:id:KM_2nd:20190213232924j:plain

 実は両方に刃がついてて、理科の実験中に手を切ったのも覚えてます。切れ味が良すぎたのか、たいして痛くなかったのは覚えてます。その刃を取り付けて使用するカミソリです。アマゾンのベストセラーでも割と本体の価格が高めです。 

ミューレ TRADITIONAL クラシックレイザー・クローズドコム メタル R89

ミューレ TRADITIONAL クラシックレイザー・クローズドコム メタル R89

 

 本体価格6800円。ものは丈夫に見えますが、価格が上記の電動シェーバー並みです。レビューを見ると、ちゃんと使えば最高の切れ味と評判です。替え刃は以下の通り。

ミューレ 両刃替刃20枚 (10枚入×2個) セット (K1-20)

ミューレ 両刃替刃20枚 (10枚入×2個) セット (K1-20)

 

20枚約1200円。しかも両刃なので実質量は2倍。替え刃1個当たりの単価が30円!コスパがやばい。 

あとは本体がどれだけ風呂場使いに耐えられるかどうかですかね。ジレットT字は割とメッキもはがれず本体の劣化は全く見られませんが、この7000円近くするものでも実はメッキが剥がれやすくて錆びてくるってなったら話は変わってきますよね。この価格をそんな簡単に使い捨てられるほど裕福ではないので、できれば耐久力はあってほしいです。替え刃を固定するのにネジを使うそうなので、締める力によってはネジ山壊す恐れも......コスパは耐久力とパフォーマンスに期待したいと思います。

 

まとめ

・T字剃刀は替え刃が383円(月1交換)

・電動カミソリは4500円(3年で交換)

・1枚刃カミソリは30円(月1交換?)

 T字カミソリの刃交換頻度を考えると電動とコスパ同じくらい。でも剃り味とか考えると1枚刃。うーん、判断が難しい。コスパを考えるうえで値段だけに固執すると決まらないので、パフォーマンスのほうも考えていこうと思います。気軽さをとるか、仕上がりをとるか。

 

 自分は美容院ではなく床屋で髪を切ってもらうんですが、1000円カットとかじゃない限りヒゲ剃りもやってくれます。髪切った後に座席を倒され、アゴと鼻のしたにクリームを塗られ、蒸しタオルを顔に乗せらせしばらく放置。ヒゲが柔らかくなったあたりでタオルを外してカミソリナイフでサァーっと剃っていく。あれがたまらなく心地よい。仕上がりはツルツル、ヒゲが生えてたのか疑うレベルで剃れてます。これが自宅でできたら苦労しないんですが、T字、電動、1枚刃で実現可能なのかはわからないですね。