読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽黒点

いつまでオタクでいられるかのチキンレース

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5話感想 真涼が怯える相手とは...

63Hnvc7d8kjR 第5話【ラブレターの真相は修羅場】
41Hnvc7d8kjR











↓要約
相変わらずいがみ合いながらも自演乙の活動を続ける千和と真涼、そして中二病ノートに翻弄される鋭太。そんな鋭太はある朝学校の下駄箱に手紙が入っているのを見つける。それは明らかにラブレターであったが送り主の名前が書いていない。鋭太は千和じゃないかと疑ったが一人で考えることにした。真涼はというと鋭太と一緒にいるときに妹の真那が現れ、鋭太にキスするわ何やら意味深なこと言うわでかなり怯えていた。溺れた真涼に人工呼吸したり、熱を出した千和の看病をしたりするなか真涼と千和との関係を深めていく鋭太に、またラブレターが届き、その相手は今度は会いたいと言ってきた。その相手とは、自らをバーニングプリンプリンセスと名乗り、鋭太の中二病時代の名前、バーニングファイターと深い絆で結ばれた仲であると言ってきた。本名は秋篠姫香というらしいが...
↑ここまで

しょっぱなから飛ばしてくふたり
千和と真涼がいつも以上にいがみ合ってる...「あれ、夏川は?死んだの?」とか平気で言っちゃう千和に、こっちも平気で千和の頭を机にバーンした上に「脳みそ入ってたの!?」とわざとらしく驚く真涼。これはやばいぞ。このままいくと収拾つかなくなるぞ。なんか最初っから頻繁に言い争ってるぞこの二人。まぁ真涼の口からあんな言葉が出るのは今までと大して変わらないけど、千和の口からそんな言葉が出るなんて......でも千和は子犬みたいに威嚇してる時が可愛いから別にいいです(*´ω`*)
まさにチワワ。こねくり回したい。今期のこねくり回したいヒロインは千和で決定か!?
48Hnvc7d8kjR










ああもう可愛いな千和は。自演乙のテーマソングを決めるときにわんわんにゃんにゃん言ってるとことか、今はふたりっきりだねって鋭太にすりすりするところとか.......あぁぁタマラン。
52Hnvc7d8kjR 










んで今回珍しく真涼が怯えてた相手が、真涼の妹の真那。お前にそんなことさせるために日本にやったのではないだとか言ってたあたり、真涼の裏事情を知ってる人物のようだ。そして真那には召使とかお迎えの車がやたら豪華だったところからしてあの姉妹はどこかのお嬢様なんだろう。そこから抜け出して一体何をするつもりだったんだろう、真涼は。あの様子からしてあまり家にはよく思われてない行動らしいが。しっかし真那もいきなり鋭太にキスして「ごちそうさま、次はキスよりもっといいことしようね!」とは、なんと積極的なやつだ。キスよりもっといいこと?これは明らかにセッ(ry 
55Hnvc7d8kjR









そんな妹の登場で動揺してたのか、はたまたクラスメイトに煽られたからなのか泳げないのにプールに飛び込み見事に撃沈。溺れてしまう。人工呼吸を先生にたのもうとするも真涼にみとれて溺れた男子生徒の介抱で先生は精一杯。そこで鋭太が真涼に人工呼吸。キスは人工呼吸と変わらないんだ!とかいいつつも周りはキャーキャーしてる。まぁ高校生なんてそんなもんでしょう。鋭太もキスの上書きが出来てよかった.......ね。いやぁ壁がいくつあっても足りませんわ。そして連鎖的に千和も熱出すし。幼馴染の病気の看病とか羨ましいですねホント。僕は親の仕事の都合で引越しを繰り返してたせいでそもそも幼馴染すらいないから何もかも羨ましく感じる。
57Hnvc7d8kjR









んで今回のメイン、公式サイトには鋭太の「元カノ」と紹介されてる秋篠姫香が登場。ラブレターというアプローチから会っていきなり抱きつくなど、引っ込み思案な性格っぽいだけど鋭太に対してはそうでもないみたい。どうやら前回の駅前乱闘を見てたらしく、鋭太がバーニングファイターだと知って近づいたらしい。自分は前世でそのバーニングファイターと固い絆で結ばれたバーニングプリンプリンセスだと言ってるあたり、現役の中二病だ。細かい説明は次回にあるとして、また新キャラ加入でどうなるか....楽しみですな。
65Hnvc7d8kjR









今回は他のキャラとの関係を掘り下げつつ新キャラをだしてきたのでまた楽しくなってきたかな。序盤あたり見てるとヤンデレ化とかしそうな雰囲気が少しあったけど。次回はその元カノの話、そして今回チラっと出てきてた風紀員の話。次で全キャラそろってやっと本格的な修羅場が!?
乞うご期待。